多摩丘陵の尾根より望む夜景は2つの顔を持っていた! 別名てっぺん丘と呼ばれる連光寺についてご紹介します

永山・多摩センター(南西)方向の夜景を望む

百草団地(西)方向の夜景を望む

聖蹟桜ヶ丘・府中(北西)方向の夜景を望む

諏訪・永山(南南西)方向の夜景を望む

てっぺん丘へと続く階段の雰囲気

関連記事

所在地
東京都多摩市連光寺
Map Fanで開く
緯度・経度 (世界測地系)
緯度:35.63194911 経度:139.4651512
天気予報

多摩市の天気予報を見る
アクセス
京王相模原線若葉台から徒歩25分
小田急多摩線はるひ野から徒歩25分
夜景スタイル
郊外夜景 路上観賞型
車内観賞
不可
料金
無料
営業時間
終日開放
一口メモ
近隣は閑静な住宅街です。夜間における大声での会話は周囲の迷惑になりますので、くれぐれもご注意ください。
関連サイト
多摩市
スポット情報
丘陵の尾根を走る道路沿いにある夜景スポットで別名「てっぺん丘」とも呼ばれ、プレートがフェンスに取り付けられています。ジブリアニメ「耳をすませば」の終盤シーンにも登場する場所だけに地元でも有名なスポットのようです。
夜景観賞が出来るのは階段を上りきった頂上部分ですが、ここからは二つの方向を同時に眺める事が出来ます。ひとつは多摩ニュータウンを中心とした団地夜景、階段から向かって左方向の住宅街の向こうに団地の棟が規則正しく並んでおり空気の澄んだ日の夕方には背後に富士山のシルエットもクッキリと見る事ができます。それは模型のジオラマのような立体感のある夜景という言葉がピッタリ合うかもしれません。そしてもう一つは向かって右方向、遥か遠くに輝く武蔵野台地に散らばる無数の光の粒。さまざまな色の光が不規則に並び、まるで銀河系を思わせる広大な夜景の煌きに思わず言葉を失ってしまう、ダイナミックな眺めを楽しむ事ができます。
唯一の難点はアクセス条件が悪いという事、駅からの距離が遠いうえ、車で訪問をするにも駐車場が無いため短時間の路上駐車がギリギリ可能といえる点でしょう。
なお付近一帯は閑静な住宅街となっている事から、夜間における大声での会話は周囲の迷惑となりますので、くれぐれもご注意ください。
併せて立ち寄りたい近隣の夜景スポット
Makoto流夜景スポット5段階評価
開放感 ★★★★
穴場度 ★★★★
安心感 ★★★
アクセス ★★
女性同士 ★★★
総合評価 ★★★★

カテゴリから探す

ページ上部へ戻る