多摩丘陵から望む東京タワー、東京スカイツリーをはじめ横浜までが一望できる唯一の公園 みはらし緑地についてご紹介します

若葉台ニュータウン中心部(南東)方向の夜景を望む

若葉台パークヒルズ・丘の手の住宅街(東)方向の夜景を望む

若葉台駅(南東)方向の夜景を望む

多摩永山(北西)方向の夜景を望む

夜景スポット みはらし緑地の雰囲気

関連記事

所在地
東京都稲城市若葉台
Map Fanで開く
緯度・経度 (世界測地系)
緯度:35.62717184 経度:139.4649848
天気予報

稲城市の天気予報を見る
アクセス
京王相模原線若葉台から徒歩15分 小田急多摩線はるひ野から徒歩15分
夜景スタイル
郊外夜景 公園観賞型
車内観賞
不可
料金
無料
営業時間
午後7時以降の入園は禁止されています
一口メモ
夜景スポット周辺には駐車場がありません。また隣接する道路は片側1車線となっており駐車スペースはありませんので、くれぐれも路上駐停車はしないようお願いいたします。
関連サイト
稲城市
スポット情報
みはらし緑地は平成16年4月に出来た比較的新しい公園です。ここの最大の特徴はなんといってもその眺望の良さでしょう。東京都心部、東京スカイツリーや東京タワーをはじめ、横浜の目印でもあるランドマークタワー、横浜ベイブリッジ、みなとみらい地区まで一望することができ、多摩の夜景スポットにおいてこれだけの眺望が得られる場所はここが唯一ではないかと思われます。 眺められる視野はほぼ180度、東方向全域をカバーしていてその広さはすぐ近くにある都立桜ケ丘公園ゆうひの丘に匹敵しているのではないでしょうか(ゆうひの丘は北西方向を中心に約180度の視界が得られます)  園内は起伏に富んだ構造となっており、最上段のスペースにはベンチも設けられており東側のパノラマビューに加え、西側の永山方向の夜景も眺める事ができます。またローラー式のすべり台も設置されているので童心に返って夜景を眺めながら滑ってみるのも楽しいかもしれませんね。 なお19時以降の入園は禁止されていますので十分ご注意ください。夜景観賞を楽しむのであれば日没時刻の早い冬場がお勧めといえそうです。
合わせて立ち寄りたい近隣の夜景スポット
Makoto流夜景スポット5段階評価
開放感 ★★★★
穴場度 ★★★★
安心感 ★★★
アクセス ★★
女性同士 ★★
総合評価 ★★★★

カテゴリから探す

ページ上部へ戻る