見渡せば360度に広がる東京ウォーターフロントの夜景!臨海部のランドマークが輝く晴海大橋についてご紹介します

東側の歩道よりららぽーと豊洲(北東)方向の夜景を望む

東側の歩道より晴海・月島(北)方向の夜景を望む

西側の歩道より晴海埠頭(西)方向の夜景を望む

西側の歩道よりレインボーブリッジ(南西)方向の夜景を望む

夜景スポット 晴海大橋の雰囲気

関連記事

所在地
東京都江東区豊洲
Map Fanで開く
緯度・経度 (世界測地系)
緯度:35.65150817 経度:139.7859552
天気予報

江東区の天気予報を見る
アクセス
ゆりかもめ新豊洲から徒歩3分 都営バス錦13甲・都13・都05・都05丙・東15甲・東15乙・東12系統 晴海三丁目バス停から5分 首都高速晴海線豊洲インターからすぐ
夜景スタイル
ウォーターフロント夜景 路上観賞型
車内観賞
一部可
料金
無料
営業時間
終日開放
一口メモ
夜景スポットには駐車場がありませんので、車で訪問される方は近隣のコインパーキングに車を停めてから訪れる事をお勧めいたします。
関連サイト
江東区
スポット情報
東京臨海エリアと都心部を結ぶ交通ラインは、これまでレインボーブリッジか豊洲・東雲経由だけとなっていましたが、2006年に晴海大橋が開通した事によってそのアクセスは一段と向上しました。  豊洲と晴海を結ぶ晴海大橋は上下線が分離した構造となっているのが特徴で、西側の歩道からは東京タワーやレインボーブリッジの夜景を、東側の歩道からは豊洲の大型ショッピングモール、月島エリアにあるタワーマンションの夜景を眺める事ができます。観賞対象までの距離が少々遠くなっている事から夜景そのものを楽しむというよりも夜景をBGM的に利用しながら会話を楽しみたいといった大人の夜景スポットという雰囲気が強い場所といえそうです。また上下線が分離されている事から東西の歩道を簡単に行き来するする事が出来ず、予め眺めたい方角を決めておいてから行くようにしなければならない点に注意が必要といえます。  アクセス条件が良いわりに訪れる人がほとんどいない穴場夜景スポットとなっている事から、ショッピングや食事の後で散歩コースの一つとして楽しんでみて欲しい場所といえそうです。  なお晴海大橋は橋上のスポットでもあるため車の駐車スペースはありません。車で訪問される方は近隣のコインパーキングやショッピングセンターに車を停めてから歩いて訪れる事をお勧めいたします。
合わせて立ち寄りたい近隣の夜景スポット
Makoto流夜景スポット5段階評価
開放感 ★★★★
穴場度 ★★★
安心感 ★★
アクセス ★★★
女性同士 ★★
総合評価 ★★★

カテゴリから探す

ページ上部へ戻る